管理不足にならないために委託する

模型

賃貸管理は、貸主の立場に立つ場合には、貸し出すのに相応しい状態の不動産(建物)の維持と管理を行う必要があります。ちなみに、貸主の義務として民法にも規定されています。個人では困難な賃貸管理、業界ではデメリットについての把握がおろそかになってしまうことを懸念しています。滞納者からの家賃の回収、老朽化した設備の修理を行うだけでなく、入居者同士の大小様々なトラブルに対応できる精神面の強化も必要だといいます。限界を感じて健康を害さないためにも、専門業者に委託したほうが適切ではないでしょうか。ちなみに、建物の賃貸の場合、宅建業者が仲介するなら、宅地建物取引業法に基づく重要事項説明が必要になります。

設立してから委託する仕組み

模型

一般のサラリーマンなどでも、賃貸管理は専門業者に委託できます。この方法以外にも、自ら会社を作り、管理会社に賃貸管理を行わせる方法もあります。これは節税対策としても利用される方法で、管理委託方式といいます。サブリースとの仕組みの違いは、貸主と入居者との間で直接賃貸借契約が結ばれる点です。貸主が家賃収入の中から管理会社に管理料を支払い、管理会社は収益の中から貸主に給与を支払います。これを整理すると、家賃収入と管理会社からの給与が貸主の収入という、得に得を重ねられる仕組みになります。

二つの顔を使い分けるサービス

女性

管理会社の社員としての業務と、貸主としての業務を線引きし、曖昧にならないようにしなければなりません。不動産の所有者は、貸主と社員という立場があるので、賃料と給与に関する通帳、帳簿、関連する書類を別々に保管できるサービスを活用しているケースもあります。賃貸管理委託の事実を明らかにするにも、管理委託契約書を作成してくれる不動産のプロに書類作成を依頼することもできます。委託された業務を遂行した事実、これを確認するにも、業務日誌、作業リストも作成するサービスを上手く活用しましょう。

広告募集中